虚像に踊る投資の宴

欲に塗れたマネーゲーム

2023年1月 月イチ運用成績公開(確定拠出年金&つみたてNISA&ロボアド&日本株)

どーも、ガジュマルです。遅くなりましたが、2023年一発目の投稿ということで本年もよろしくお願いします。

2023年は景気後退予測が強く、重苦しいスタートでしたね。

それでは、さっそく今月の運用成績を振り返ってみましょう。

確定拠出年金

まずは、確定拠出年金です。

(※横スクロールできます)

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
日興インデックスファンド
海外株式
1,876,485 -3.08% <-- -5.83%
JPM・BRICS5ファンド 1,411,474 19.00% <-- 13.74%
年金積立グローバル・
ラップ
1,353,096 26.86% <-- 24.70%
国内株式インデックス 840,147 1.80% <-- -0.30%
インデックスファンド
日本債権
770,410 -4.60% <-- -4.57%
インデックスファンド
海外債権
685,304 -2.64% <-- -3.08%
DCダイワ・グローバル
REIT
390,812 9.26% <-- 4.87%

2022年の年末に下げた分の反動で、ほぼほぼプラスに転じています。『インデックスファンド日本債権』だけが微々たる数字ですが、さらに下げているのが気がかりです。日銀の政策転換で長らく続いた異次元緩和の終わりが見えてきているように思います。長期金利が上昇して、住宅ローン金利も上昇すると家計が耐えられない家庭も出てくるかもしれませんね。ガジュマルも例外ではありません 汗

つみたてNISA

続いてつみたてNISAです。

SBI証券

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
レオス-ひふみプラス 539,105 17.30% <-- 15.44%
三菱UFJ国際-eMAXIS Slim
先進国株式インデックス
332,681 66.34% <-- 63.64%

つみたてNISAも上昇しました。とはいえ、一時に比べると低い水準です。景気後退局面に入るとまだまだ下がるかもしれませんね。特に『ひふみプラス』が不安材料です。

SBI証券で口座開設をされる方は↓のバーナーをクリックしてください。

投資信託

楽天証券

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
全米株式インデックス・
ファンド
953,241 19.16% <-- 19.00%
eMAXIS Slim 米国株式
(S&P500)
537,900 24.13% <-- 24.50%

米国株式インデックス一点投資の楽天証券つみたてNISA。先月に比べると比較的プラスが多い中、米国株式インデックスは奮いませんでしたね。どちらも微増微減しているものの大した変化ではありませんでした。

ロボアド(テオ)

ロボットアドバイザー「THEO(テオ)」の運用実績です。

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
グロース 763,095 29.85% <-- 24.32%
インカム 388,317 20.35% <-- 20.18%
インフレ 131,675 47.74% <-- 43.70%

ロボアドも前月に比べ、上昇しています。前月が悪すぎた感は否めませんが、インフレ対応銘柄群が高い収益率を出しているのはさすがといったところです。

日本株

最後に単位株取引、単位未満株の取引および自社株の持株会を取りまとめた日本株の成績です。

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
日本株[単位株] 589,369 16.48% <-- 16.48%
日本株[いちかぶ] 210,950 28.15% <-- 27.43%
持株会 1,212,453 -5.08% <-- -11.79%

日本株単位株は、昨年末にバッサリすべて売却してその後売買をしていないので変化なしです。LINE証券で高配当株に投資しているいちかぶ投資(単位未満株)が厳しい状況のなかジリジリ収益率を上げてくれています。こちらは配当目当てなのでがっちりホールドしていますが、これだけ含み益が出てくると売却したくなってしまいますね。

少額から株式投資を始めたい方は単位未満株で買えるLINEのいちかぶ投資がお勧めです。興味のある方は↓のバーナーからどうぞ。

0円バナー

まとめ

運用資産全体の損益は以下の通り。

1月 拠出額 評価額 損益 収益率
確定拠出年金 6,740,240 7,346,132 605,892 8.99%
つみたてNISA(S) 660,000 872,287 212,287 32.16%
つみたてNISA(楽) 1,233,317 1,491,141 257,824 20.90%
ロボアド 1,150,500 1,283,579 133,079 11.57%
日本株 1,947,983 2,012,772 64,789 3.33%
57 11,732,040 13,005,911 1,273,871 10.86%

収益率はなんとか10%を回復しました。確定拠出年金の落ち込みが気になります。日本株は、単位株も高配当株を買い付けていきたいと思いつつ、今後景気後退局面に入りそうなのでいつ買い付けるかなかなか悩ましいところで二の足を踏んでいます。

 

今年はいろいろ難しい年になる予感!純粋なインデックス投資家に戻るべきか悩みどころです。

 

ランキングに参加しています。

↓↓↓ポチっとしていただけると励みになります↓↓↓ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

生涯投資家 (文春文庫) [ 村上 世彰 ]
価格:759円(税込、送料無料) (2023/1/25時点)


 

2022年12月 月イチ運用成績公開(確定拠出年金&つみたてNISA&ロボアド&日本株)

どーも、ガジュマルです。世の中はクリスマスムード一色ですね。コロナの制限も緩和されて今年は盛り上がりそうですね。もうこの歳になるとだいぶ縁遠いイベントですがね。

FOMCがほとんど波風立たずに終わったと安心していたら、ラガルド発言やら黒田サプライズやらでだいぶ市場が揺れました。とんでもないクリスマスプレゼントですね。

それでは、さっそく今月の運用成績を振り返ってみましょう。

確定拠出年金

まずは、確定拠出年金です。

(※横スクロールできます)

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
日興インデックスファンド
海外株式
1,807,668 -5.83% <-- -2.50%
JPM・BRICS5ファンド 1,336,527 13.74% <-- 17.97%
年金積立グローバル・
ラップ
1,319,779 24.70% <-- 31.80%
国内株式インデックス 817,284 -0.30% <-- 5.47%
インデックスファンド
日本債権
765,397 -4.57% <-- -3.54%
インデックスファンド
海外債権
676,905 -3.08% <-- 2.23%
DCダイワ・グローバル
REIT
372,234 4.87% <-- 15.29%

2つのビックサプライズで全敗です。今の感じだと2023年も厳しい状況が続きそうですね。あまり構成はがちゃがちゃイジリたくないので当面はこのまま我慢ですが、ロシアのウクライナ侵攻や中国の外交次第では、『JPM・BRICS5ファンド』がリスクになってくるかな、と思っています。一時は収益率が50%を超えていましたが、13.74%まで下がっています。プラスのうちに売却するのがよいのか、ガチホで上がる時を待つのか、悩ましいところです。

つみたてNISA

続いてつみたてNISAです。

今年は年末にかけてNISAによいニュースがありましたね。非課税枠も拡大され、期限も無期限となりました。これで一段と投資を身近に感じる人が増えるといいですね。投資を始めるにはなかなか難しい時期ですけど。。。

SBI証券

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
レオス-ひふみプラス 531,027 15.44% <-- 21.29%
三菱UFJ国際-eMAXIS Slim
先進国株式インデックス
327,288 63.64% <-- 77.15%

つみたてNISAもどちらも下落。まだまだ収益率はプラスを保っていますが、ひふみプラスあたりはそろそろマイナスに転落するのではないかと戦々恐々です。

SBI証券で口座開設をされる方は↓のバーナーをクリックしてください。

投資信託

楽天証券

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
全米株式インデックス・
ファンド
925,574 19.00% <-- 30.68%
eMAXIS Slim 米国株式
(S&P500)
525,639 24.50% <-- 36.70%

米国株式インデックス一点投資の楽天証券つみたてNISA。。言わずもがな両銘柄とも下がっています。同じ時期に購入した同じ米国株のインデックス銘柄ですが、収益率に少し開きがでてきました。やっぱりeMAXISなのか。

ロボアド(テオ)

ロボットアドバイザー「THEO(テオ)」の運用実績です。

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
グロース 717,612 24.32% <-- 32.45%
インカム 378,455 20.18% <-- 25.10%
インフレ 123,635 43.70% <-- 50.25%

ロボアドも例外なく下がっています、AIだってなす術なし。全ての銘柄が下がってますからね。

日本株

最後に単位株取引、単位未満株の取引および自社株の持株会を取りまとめた日本株の成績です。

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
日本株[単位株] 589,369 16.48% <-- 21.49%
日本株[いちかぶ] 206,091 27.43% <-- 28.09%
持株会 1,108,252 -11.79% <-- -6.63%

単位株では、今月JFEメタウォーター損切りしました。

gajumaru.hatenablog.jp

どれも下がっている中、LINE証券のいちかぶ投資がこのような状況下でもマイナス幅が小さく、助かりました。黒田サプライズで長期金利の上昇し、銀行関連株に追い風となり、下支えしてくれました。ポートフォリオ上は14%であまり大きくありませんが、分散していたおかげで大やけどにはなりませんでした。分散投資って大事。

少額から株式投資を始めたい方は単位未満株で買えるLINEのいちかぶ投資がお勧めです。興味のある方は↓のバーナーからどうぞ。

0円バナー

まとめ

運用資産全体の損益は以下の通り。

12月 拠出額 評価額 損益 収益率
確定拠出年金 6,685,240 7,095,794 410,554 6.14%
つみたてNISA(S) 660,000 858,316 198,316 30.05%
つみたてNISA(楽) 1,199,984 1,451,213 251,229 20.94%
ロボアド 1,130,500 1,228,635 98,135 8.68%
日本株 1,924,101 1,903,712 -20,389 -1.06%
56 11,599,825 12,537,670 937,845 8.08%

2023年は心機一転、株価上昇!となってほしいところですが、今の状況からすると景気後退局面に入り、株価低迷という流れが堅そうですね。一時20%を超えていた全体の収益率も10%を切ってしまいました。

 

日本株の売買もうまくいかず最近は4連敗。庶民に成長株を見極めるのはハードルが高いし、どうしても感情に流されてしまって売買のタイミングを失っています。

そんな中、楽天ポイントでちまちま単位未満の高配当株を買っているLINE証券は1年を通して割と順調でした。業種を分散させ、下がったら買う、買ったらガチホで配当金を受け取る、これが個人投資家の正解なのでは、と感じています。年末年始にゆっくり来年の投資戦略を考えたいと思いますが、2023年は高配当株に重心を移していく感じになるかな、と思っています。

 

2022年も情報の薄っぺらいこんなブログにお付き合いいただきありがとうございました。

2023年は投資家の皆様にとって良い年でありますように願っています。

ではよいお年を!

 

ランキングに参加しています。

↓↓↓ポチっとしていただけると励みになります↓↓↓ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 

【日本株】定点観測 2022.12.08(損切りと配当金)

どーも、ガジュマルです。ワールドカップで日本が負けてしまってから一気にワールドカップへの興味が薄れています。次はWBCですかね。日本人メジャーリーガーの参戦も続々と決まってどんなチームになるか楽しみです。

損切り】JFEとメタウォーター

2銘柄を損切りしました。

まず1つ目はJFE。鉄鋼では国内第2位。何と言っても魅力は5%を超える高配当。100株1,664円でエントリーしましたが、半導体不足による自動車の減産が響き、需要が低迷。円安や資源高も相まってズルズル下がり、最終的にはー6.67%1,553円損切りとなりました。ー11,100円の損失です。一時は1,350円(ー18%超)を切るような場面もありましたので多少傷は浅い状態で損切りできたかと思います。結果的にJFEからは2度配当金をいただき、その合計が10,360円ということで配当金を考えるとトントンに落ち着いた感じです。

2つ目はメタウォーター。こちらは上下水処理設備で国内トップシェアの会社です。1,990円の時に100株買い付けましたが、大株主の日本ガイシ富士電機に対して保有株の一部売却を要請し、応諾されたことが影響し、株価が急落。結局、ー14.57%1,700円で売却しました。損失額はこれまでで2番目に大きいー29,000円でした。損切りできない悪い癖が出てしまいました。ドライに自分ルールを守らないとこういうことになりますね。

ポートフォリオ

現在のポートフォリオはこんな感じ↓

(横スクロールできます)

銘柄 買付額 評価額 評価損益 損益率
USS 205,800 215,900 10,100 4.91%

半導体不足の影響で新車の生産が落ち込む中、中古車の需要増を見込んで買い付けました。読み通り一時1株2,600円を超えることもありましたが、新車の減産で中古車自体も数が減り、売上減からの株価下落ということで、評価損益こそプラスですが、売り時を逃した状況です。

配当金

今年は個別の日本株合計21,972円の配当金をいただきました。

銘柄 日付 配当金
I・PEX 2022/03/30 2,789
メタウォーター 2022/06/03 1,594
USS 2022/06/22 2,949
JFE 2022/06/27 6,375
メタウォーター 2022/12/02 1,594
JFE 2022/12/02 3,985
USS 2022/12/09 2,686
  合計 21,972

また、LINE証券のいちかぶ(単位未満日本株)では下記の企業から、今年1年間で合計6,257円の配当金をいただきました。一つ一つは少額ですが塵も積もればバカにならない金額になってきましたね。配当金は高配当株の購入に充てています。

銘柄 日付 配当金
JT 2022/03/23 ¥1,077
コニカミノルタ 2022/05/26 ¥13
トヨタ 2022/05/26 ¥23
第四北越FG 2022/05/31 ¥48
オリックス 2022/06/02 ¥76
ソフトバンク 2022/06/08 ¥344
三井物産 2022/06/22 ¥48
リコー 2022/06/24 ¥22
NTT 2022/06/24 ¥240
三菱商事 2022/06/24 ¥190
ENEOS 2022/06/28 ¥132
日産自 2022/06/28 ¥9
中部電力 2022/06/28 ¥41
長谷工 2022/06/28 ¥73
武田 2022/06/29 ¥287
三菱UFJ 2022/06/29 ¥267
三井住友FG 2022/06/29 ¥84
JT 2022/08/31 ¥1,136
INPEX 2022/08/31 ¥25
アサヒホールディングス 2022/11/17 ¥37
トヨタ自動車 2022/11/19 ¥61
良品計画 2022/11/22 ¥48
商船三井 2022/11/25 ¥240
コニカミノルタ 2022/11/26 ¥9
日本製鉄 2022/11/29 ¥73
中部電力 2022/11/29 ¥41
ENEOS 2022/11/30 ¥132
リコー 2022/11/30 ¥28
第四北越FG 2022/11/30 ¥48
三菱商事 2022/11/30 ¥185
武田 2022/11/30 ¥287
三井物産 2022/12/01 ¥53
三菱ケミG 2022/12/01 ¥13
三井住友FG 2022/12/01 ¥93
三菱UFJ 2022/12/02 ¥249
オリックス 2022/12/03 ¥69
長谷工 2022/12/02 ¥64
ソフトバンク 2022/12/02 ¥344
三菱HCキャピタル 2022/12/09 ¥48
  合計 ¥6,257

通算損益

これまでの通算損益はこちら↓

(※横スクロールできます)

銘柄 買付額 売却額 最終損益 損益率
Zホールディングス 55,500 65,700 +10,200 18.38%
みずほFG 13,650 13,940 +290 2.12%
ライフネット生命 126,600 153,400 +26,800 21.17%
Zホールディングス 69,100 63,100 -6,000 -8.68%
楽天 95,080 119,800 +24,720 26.00%
三菱ケミHD 64,930 60,600 -4,330 -6.67%
三菱UFJ 42,810 42,280 -530 -1.24%
楽天 104,870 115,900 +11,030 10.52%
ソフトバンク 123,890 128,000 +4,110 3.32%
ライフネット生命 154,480 174,800 +20,320 13.15%
楽天 97,880 112,900 +15,020 15.35%
アンジェス 131,180 110,900 -20,280 -15.46%
Zホールディングス 69,110 59,960 -9,150 -13.24%
ライフネット生命 147,100 118,300 -28,800 -19.58%
ヤマダHD 59,190 54,730 -4,460 -7.54%
横浜ゴム 193,420 232,100 +38,680 20.00%
丸紅 80,950 101,200 +20,250 25.02%
テラプローブ 211,800 190,600 -21,200 -10.01%
ガンホー 201,560 216,240 +14,680 7.28%
INPEX 88,200 75,900 -12,300 -13.95%
IMV 76,200 69,000 -7,200 -9.45%
グッドスピード 186,600 238,000 +51,400 27.55%
日東工 180,700 151,200 -29,500 -16.33%
I・PEX 201,500 191,400 -10,100 -5.01%
JFE 166,400 155,300 -11,100 -6.67%
メタウォーター 199,000 170,000 -29,000 -14.57%
通算損益 +43,550  

こうやって見ると連敗続きですね。もう個別株は引退した方がいいかもしれません。。。ふるさと納税でたんまりお金使ってしまったので売却(損切り)で得た現金はそちらに充てることになりそうです。

 

ランキングに参加しています。

↓↓↓ポチっとしていただけると励みになります↓↓↓ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 

2022年11月 月イチ運用成績公開(確定拠出年金&つみたてNISA&ロボアド&日本株)

どーも、ガジュマルです。カタールワールドカップが開幕しましたね。そして日本が初戦で強豪ドイツを破り、巷ではドーハの奇跡なんて言ってお祭り騒ぎですが、次のコスタリカ戦がとっても大事になりました。グループステージ突破しないとドイツ戦の勝利も無意味ですからね。

ワールドカップ開幕と時を同じくしてガジュマルはついに新型コロナにかかり、隔離生活を余儀なくされておりました。初めて新型コロナに罹りましたが、ほんと辛いですね。高熱からの喉の痛み、鼻詰まりと風邪の諸症状のフルコースといった感じでした。

そんなわけで経済状況なんて観察している余裕もなく、さっそく今月の運用成績を振り返ってみましょう。

確定拠出年金

まずは、確定拠出年金です。

(※横スクロールできます)

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
日興インデックスファンド
海外株式
1,855,382 -2.50% <-- -10.67%
JPM・BRICS5ファンド 1,373,332 17.97% <-- 22.20%
年金積立グローバル・
ラップ
1,384,120 31.80% <-- 27.07%
国内株式インデックス 858,843 5.47% <-- -1.65%
インデックスファンド
日本債権
768,378 -3.54% <-- -4.35%
インデックスファンド
海外債権
708,321 2.23% <-- 3.34%
DCダイワ・グローバル
REIT
406,057 15.29% <-- 11.15%

そろそろFRBの利上げペースも鈍化してくるのではないかという市場の期待から株価は回復の流れがありました。それも一時的で現在は様子見状態に入っている状況かな、と思います。年末もビックサプライズなしに迎えられることを願っています。

つみたてNISA

続いてつみたてNISAです。

SBI証券

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
レオス-ひふみプラス 557,963 21.29% <-- 16.26%
三菱UFJ国際-eMAXIS Slim
先進国株式インデックス
354,302 77.15% <-- 71.61%

つみたてNISAはどちらも収益率がアップ。NISAも恒久化に向けて制度の見直しなど入りそうなので状況に合わせて資金を振り替えたりしていきたいと思います。

SBI証券で口座開設をされる方は↓のバーナーをクリックしてください。

投資信託

楽天証券

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
全米株式インデックス・
ファンド
987,320 30.68% <-- 29.34%
eMAXIS Slim 米国株式
(S&P500)
561,977 36.70% <-- 35.25%

米国株式一点投資の楽天証券つみたてNISA。前月から収益率は微増。もっと上がっているかな、という肌感覚でしたが、結果的にあまり変化のない動きの少ない月だったわけですね。

ロボアド(テオ)

ロボットアドバイザー「THEO(テオ)」の運用実績です。

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
グロース 757,138 32.45% <-- 27.77%
インカム 395,904 25.10% <-- 29.88%
インフレ 123,450 50.25% <-- 49.20%

ロボアドですが、グロースの領域で収益率が改善。元が悪かったというのもありますが、このまま上向いていってほしいですね。

日本株

最後に単位株取引、単位未満株の取引および自社株の持株会を取りまとめた日本株の成績です。

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
日本株[単位株] 614,742 21.49% <-- 16.96%
日本株[いちかぶ] 203,965 28.09% <-- 19.23%
持株会 1,153,443 -6.63% <-- -11.69%

まずは自社株が少し回復してくれたお陰で、持株会のマイナス分がかなり改善されました。またLINE証券で行っているいちかぶ投資では、JTが増配の影響か大きく値を伸ばし、全体の収益率を引き上げてくれています。。

少額から株式投資を始めたい方は単位未満株で買えるLINEのいちかぶ投資がお勧めです。興味のある方は↓のバーナーからどうぞ。

0円バナー

まとめ

運用資産全体の損益は以下の通り。

11月 拠出額 評価額 損益 収益率
確定拠出年金 6,630,240 7,354,433 724,193 10.92%
つみたてNISA(S) 660,000 912,266 252,266 38.22%
つみたてNISA(楽) 1,166,650 1,549,297 382,647 32.80%
ロボアド 1,110,500 1,278,696 168,196 15.15%
日本株 1,900,606 1,972,150 71,544 3.76%
55 11,467,996 13,066,842 1,598,846 13.94%

年末に向けてこのまま穏やかに推移してくれればいいんですが、物価高やウクライナ侵攻の状況次第ではまたもFRBによるハイペース利上げにより、市場が冷え込むリスクも考えられます。

ふるさと納税で支払いが発生し、現金も必要なのでどこかで日本株の売却も視野に入れていく必要があり、慌ただしい年末になりそうです。

 

ランキングに参加しています。

↓↓↓ポチっとしていただけると励みになります↓↓↓ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 

2022年10月 月イチ運用成績公開(確定拠出年金&つみたてNISA&ロボアド&日本株)

どーも、ガジュマルです。中国では習近平国家主席として掟破りの3期目突入を決めました。ゼロコロナ政策も行き詰りを見せている中で、目に見える成果を国民にアピールするための台湾進攻も現実味を帯びてきたんじゃないかと思います。地政学的なリスクがどんどん高まっています。

各国の利上げに相反し、日銀は相変わらずゼロ金利政策を推し進め、円安がどんどん進んでいます。1ドル100円の頃に、日本で300万円の物を買うには3万ドル払う必要があったのに、1ドル150円になると同じ物も33%オフの2万ドルで買えてしまうんだからお買い得ですよね。コロナの入国規制もかなり緩和されたので外国人旅行客が増えて日本経済を支えてくれることを望みます。海外に比べると日本の物価上昇は緩やかな方なので勝手にバーゲンセール状態です。

さて今月の運用成績を振り返ってみましょう。

確定拠出年金

まずは、確定拠出年金です。

(※横スクロールできます)

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
日興インデックスファンド
海外株式
1,684,782 -10.67% <-- -7.91%
JPM・BRICS5ファンド 1,409,083 22.20% <-- 24.06%
年金積立グローバル・
ラップ
1,323,907 27.07% <-- 28.37%
国内株式インデックス 795,455 -1.65% <-- -0.91%
インデックスファンド
日本債権
756,011 -4.35% <-- -3.16%
インデックスファンド
海外債権
710,007 3.34% <-- 3.28%
DCダイワ・グローバル
REIT
388,405 11.15% <-- 18.60%

FRBの利上げもひと段落して少し株価が回復するかと思いきや、なかなか上値が重い感じですね。ロシアによるウクライナ侵攻も終わりが見えず物価高が当面続きそうな状況なんでしょうか。北朝鮮もミサイル発射を繰り返していますし、中国も習政権が3期目に入り、台湾進攻なんてことになったらさらに経済は大混乱でしょう。今のところ明るい材料は見当たりません。

つみたてNISA

続いてつみたてNISAです。

SBI証券

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
レオス-ひふみプラス 534,812 16.26% <-- 17.11%
三菱UFJ国際-eMAXIS Slim
先進国株式インデックス
343,225 71.61% <-- 70.65%

思ったほど下がらなかったというのが正直な感想です。インデックスに負けるな、ひふみプラス!

SBI証券で口座開設をされる方は↓のバーナーをクリックしてください。

投資信託

楽天証券

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
全米株式インデックス・
ファンド
948,449 29.34% <-- 29.63%
eMAXIS Slim 米国株式
(S&P500)
540,983 35.25% <-- 35.25%

米国株式一点投資の楽天証券つみたてNISA。前月から微減ですが誤差の範囲。米国の株式だけ見ると大きな変化はなかったんですねー、面白い。

ロボアド(テオ)

ロボットアドバイザー「THEO(テオ)」の運用実績です。

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
グロース 740,073 27.77% <-- 27.41%
インカム 379,771 29.88% <-- 29.27%
インフレ 122,587 49.20% <-- 50.50%

ロボアドも収益率でみると微妙な変化で前月とあまり変わらず。結果的には動きの少ない月だった訳ですな。

日本株

最後に単位株取引、単位未満株の取引および自社株の持株会を取りまとめた日本株の成績です。

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
日本株[単位株] 591,842 16.96% <-- 25.13%
日本株[いちかぶ] 177,756 19.23% <-- 21.38%
持株会 1,072,371 -11.69% <-- -18.70%

持株会が多少回復したものの、大きなマイナスには変わりありません。何よりも単位株で稼ぎ頭だった「USS」が大きく下げて、現在の手持ちの株だけ見ると収益率がマイナスになってしまいました。大きく足を引っ張っている「JFE」も結局損切りできず、-16.95%で塩漬け状態。まったく良い所がありません。

少額から株式投資を始めたい方は単位未満株で買えるLINEのいちかぶ投資がお勧めです。興味のある方は↓のバーナーからどうぞ。

0円バナー

まとめ

運用資産全体の損益は以下の通り。

10月 拠出額 評価額 損益 収益率
確定拠出年金 6,575,240 7,067,650 492,410 7.49%
つみたてNISA(S) 660,000 878,038 218,038 33.04%
つみたてNISA(楽) 1,133,319 1,489,432 356,113 31.42%
ロボアド 1,090,500 1,247,629 157,129 14.41%
日本株 1,869,456 1,841,969 -27,487 -1.47%
54 11,328,515 12,524,718 1,196,203 10.56%

収益率は奮いませんが、実は確定拠出年金を除き、すぐにでも解約して使えるお金は545万。つみたてNISAとロボアド、日本株でここまで資産を積み上げることができました。多分ただただ貯金するだけだとこんなに貯められなかったんじゃないかと思うとお金に働いてもらう投資の効果ってすごいなって実感しています。つみたてNISAとロボアド、日本株で積み上げた損益は+70万。時間単価は低いけど投資に出会わなければこんな不労収入も得られなかったと思うとありがたいね。

 

ランキングに参加しています。

↓↓↓ポチっとしていただけると励みになります↓↓↓ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 

2022年9月 月イチ運用成績公開(確定拠出年金&つみたてNISA&ロボアド&日本株)

どーも、ガジュマルです。最近のマイブームはイェール大学助教授の成田悠輔氏が出ているYouTubeを見ることです。やっぱデータでモノを語れるって大事よね。

FOMCが0.75%の利上げを発表し、今後も利上げ継続の意向を示したことで市場が動揺していますね。一方で日銀は金融緩和を継続することを発表し、円安が一段と進みました。円安抑制のために日銀は為替介入にも踏み切りましたが、どうも付け焼刃な感が否めません。日本が破たんしないことを祈るばかりです。

さて今月の運用成績を振り返ってみましょう。

確定拠出年金

まずは、確定拠出年金です。

(※横スクロールできます)

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
日興インデックスファンド
海外株式
1,721,652 -7.91% <-- -0.69%
JPM・BRICS5ファンド 1,416,870 24.06% <-- 23.23%
年金積立グローバル・
ラップ
1,326,851 28.37% <-- 30.50%
国内株式インデックス 795,985 -0.91% <-- 1.72%
インデックスファンド
日本債権
760,109 -3.16% <-- -2.25%
インデックスファンド
海外債権
703,861 3.28% <-- 1.95%
DCダイワ・グローバル
REIT
411,203 18.60% <-- 25.16%

FRBの利上げ継続意向発表でリスク回避のため大きく株価は低下しましたね。インデックス海外株式は、プラスが目前でしたが、またもや大きくマイナスに落ち込んでしまいました。確定拠出年金は有無を言わさず長期投資なのでこの安い時期に保有数を増やせると思ってプラスに考えるようにしましょう。

つみたてNISA

続いてつみたてNISAです。

SBI証券

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
レオス-ひふみプラス 538,740 17.11% <-- 18.27%
三菱UFJ国際-eMAXIS Slim
先進国株式インデックス
341,302 70.65% <-- 75.28%

収益率のマイナスは想定内でしたが、『ひふみプラス』が約1%の低下で収まったのはいい意味でのサプライズでした。こちらのつみたてNISAは入金を止めているのでファンドの頑張りを見守るしかありません。

SBI証券で口座開設をされる方は↓のバーナーをクリックしてください。

投資信託

楽天証券

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
全米株式インデックス・
ファンド
921,820 29.63% <-- 34.55%
eMAXIS Slim 米国株式
(S&P500)
525,957 35.25% <-- 40.56%

米国株式一点投資の楽天証券つみたてNISA。米国株式全体が下がっていますので当然こちらも収益率が下がっています。こちらは絶賛積み立て中なので下がっているうちに買い増していつか来る右肩上がりを待ちたいと思います。

ロボアド(テオ)

ロボットアドバイザー「THEO(テオ)」の運用実績です。

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
グロース 704,431 27.41% <-- 31.69%
インカム 399,668 29.27% <-- 25.77%
インフレ 118,843 50.50% <-- 52.32%

ロボアドはインフレカテゴリーが前月比マイナスです。この高インフレ時期に収益率が伸びなくていつ伸びるんだ、って感じですが、実は収益率がすでに50%強なんですよね。もう伸びしろもあまりないのかもしれません。むしろこのまま高インフレが続くと金利引き上げも継続されるので急激なインフレは早く収まってほしいな、と思っているところです。

日本株

最後に単位株取引、単位未満株の取引および自社株の持株会を取りまとめた日本株の成績です。

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
日本株[単位株] 633,142 25.13% <-- 27.16%
日本株[いちかぶ] 180,959 21.38% <-- 22.18%
持株会 970,217 -18.70% <-- -10.56%

日本株も揃って下げてますね。持株会の下がり具合がキツいですね。楽天ポイント投資信託に買い、売却した現金を原資に運用しているLINE証券のいちかぶ投資ですが、下げてはいるものの高配当株の安定感のおかげで軽微なマイナスで済んでいます。定年で引退する頃には高配当株で悠々自適な生活を送りたいもんですね。

少額から株式投資を始めたい方は単位未満株で買えるLINEのいちかぶ投資がお勧めです。興味のある方は↓のバーナーからどうぞ。

0円バナー

まとめ

運用資産全体の損益は以下の通り。

9月 拠出額 評価額 損益 収益率
確定拠出年金 6,520,240 7,136,531 616,291 9.45%
つみたてNISA(S) 660,000 880,043 220,043 33.34%
つみたてNISA(楽) 1,099,985 1,447,777 347,792 31.62%
ロボアド 1,070,500 1,227,998 157,498 14.71%
日本株 1,848,456 1,784,318 -64,138 -3.47%
53 11,199,181 12,476,667 1,277,486 11.41%

最近は損益や収益率が一進一退ですね。拠出額は毎月増えているものの全体の評価額は1200万を超えてから停滞気味です。アメリカでの長引く高インフレ、ロシアによるウクライナ侵攻の長期化などマイナス要因ばかりが目につきますのでしばらくは厳しい状況が続きそうです。

 

ランキングに参加しています。

↓↓↓ポチっとしていただけると励みになります↓↓↓ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 

 

2022年8月 月イチ運用成績公開(確定拠出年金&つみたてNISA&ロボアド&日本株)

どーも、ガジュマルです。学生さんは夏休みが終わり、学校が再開してますかね。ガジュマルは仕事の関係で今年は夏休みありませんでした泣。。。

ジャクソンホール会議でのFRBパウエル議長の利上げ継続発言を受けて株価が下落していますね。

今月の運用成績を振り返ってみましょう。

確定拠出年金

まずは、確定拠出年金です。

(※横スクロールできます)

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
日興インデックスファンド
海外株式
1,840,322 -0.69% <-- -4.00%
JPM・BRICS5ファンド 1,393,994 23.23% <-- 19.85%
年金積立グローバル・
ラップ
1,228,121 30.50% <-- 29.23%
国内株式インデックス 811,489 1.72% <-- 0.88%
インデックスファンド
日本債権
761,901 -2.25% <-- -2.73%
インデックスファンド
海外債権
689,203 1.95% <-- 4.44%
DCダイワ・グローバル
REIT
430,482 25.16% <-- 21.91%

FRB議長のジャクソンホール会議での発言を受けた株安の影響は反映されていませんので、前月よりも回復しています。が、来月はまた厳しい月になるのでは、と予想しています。確定拠出年金のリバランスを行い、海外株式の比率を上げた途端、これですからね。長い目で見れば、こういう時期があってよかったと思える結果になればよいですけど。

つみたてNISA

続いてつみたてNISAです。

SBI証券

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
レオス-ひふみプラス 544,063 18.27% <-- 15.97%
三菱UFJ国際-eMAXIS Slim
先進国株式インデックス
350,558 75.28% <-- 71.36%

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』が伸びています。景気が冷え込む前に伸ばせるだけ伸ばしてほしいですね。ひふみプラスと比較すると、インデックス投資の正しさが証明されている気がします。

SBI証券で口座開設をされる方は↓のバーナーをクリックしてください。

投資信託

楽天証券

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
全米株式インデックス・
ファンド
926,876 34.55% <-- 31.29%
eMAXIS Slim 米国株式
(S&P500)
530,985 40.56% <-- 37.22%

米国株式一点投資の楽天証券つみたてNISA。SBI証券のつみたてNISAもそうですが、eMAXISシリーズの運用成績の良さが際立ちますね。なぜeMAXISを軸足にしなかったのか、今更ながら悔やまれます。

ロボアド(テオ)

ロボットアドバイザー「THEO(テオ)」の運用実績です。

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
グロース 780,952 31.69% <-- 29.12%
インカム 330,914 25.77% <-- 26.89%
インフレ 110,372 52.32% <-- 48.60%

ロボアドはインフレ抑制のための金利引き上げでインフレ銘柄がさらに引き上がりますかね。それと逆行するように株安が進むので全体としてはマイナス傾向だと思いますが、分散投資してくれているだけに下げ幅は緩和されるでしょう。

日本株

最後に単位株取引、単位未満株の取引および自社株の持株会を取りまとめた日本株の成績です。

銘柄 評価額 収益率     収益率
(前月)
日本株[単位株] 643,442 27.16% <-- 31.49%
日本株[いちかぶ] 179,656 22.18% <-- 22.60%
持株会 1,048,593 -10.56% <-- -10.76%

好調だった日本株の単位株ですが、評価益を引っ張っていたUSSの決算が悪く大きく下げました。いちかぶも持株会も微増、微減といった感じで動きとしては大人しい感じです。

少額から株式投資を始めたい方は単位未満株で買えるLINEのいちかぶ投資がお勧めです。興味のある方は↓のバーナーからどうぞ。

0円バナー

まとめ

運用資産全体の損益は以下の通り。

8月 拠出額 評価額 損益 収益率
確定拠出年金 6,465,240 7,265,512 800,272 12.38%
つみたてNISA(S) 660,000 894,622 234,622 35.55%
つみたてNISA(楽) 1,066,652 1,457,861 391,209 36.68%
ロボアド 1,050,500 1,225,521 175,021 16.66%
日本株 1,825,412 1,871,691 46,279 2.54%
52 11,067,804 12,715,207 1,647,403 14.88%

こうやって見ると日本株の収益率が段違いに悪いですね。やっぱり素人はインデックス投資が一番です。もっと時間を費やして企業調査をすれば違った結果が見えてくるかもしれませんが、本業のサラリーマンが忙しくてそんなに投資に時間をかける余裕がありません。入金も本業あってこそなので、その辺ははき違えないように最適な道を探っていきたいと思います。

今年の10月からイデコも開始できる状態ですが、税金優遇が魅力的なものの、60歳まで引き出せない流動性の悪さが足かせですね。そもそも継続して入金できる元手の問題もありますが。。。

 

ランキングに参加しています。

↓↓↓ポチっとしていただけると励みになります↓↓↓ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村